楽天銀行の住宅ローン

楽天グループ傘下の銀行である楽天銀行は、ネット銀行ならではの預金金利の高さや、利用の手軽さ、他の楽天グループとの連動したサービスを特徴としています。それ以外にも楽天銀行は様々なサービスを展開しており、特に住宅ローンに力を注いでいて、業界でも最低水準の金利を実現しています。そこで楽天銀行の住宅ローンについて紹介したいと思います。

楽天銀行の住宅ローンには様々な種類があり、自分に合ったタイプのローンを選べることが、メリットの一つです。まず「住宅ローン(金利選択型)」という商品があります。金利には利率が契約時に定めた値で固定される固定金利と、市場金利に合わせて利率が変動する変動金利の2種類があり、「住宅ローン(金利選択型)」は借入期間中に何度でも金利の種類を変えることができます。固定金利と変動金利を見比べて、より安い方に設定できるというわけです。ただし変動金利から固定金利へはいつでも変えられますが、固定金利期間が終了するまでは固定金利から変動金利に変えることはできません。融資事務手数料は、借入金額に関わらず一律315000円となっています。

金融機関と住宅金融支援機構(住宅購入を支援している独立法人)が提携して提供する「フラット35」というローン商品があります。この「フラット35」は、最長35年間の全期間を固定金利としており、長期間安定的に利用することができます。楽天銀行は「フラット35」を取り扱っている多くの金融機関の中でも最低水準の金利を実現しています。融資事務手数料は借り入れ金額の1.365%で、さらにハッピープログラムに加入し返済口座を楽天銀行に指定すると、1.05%に割引され、これも業界最低水準です。この金利と手数料の安さが大きなセールスポイントとなっています。また省エネ性や耐震性に優れた住宅を購入する場合に金利をさらに割引にする、「フラット35s」という商品もあります。

また「フラット35」と変動金利ローンを組み合わせることで、住宅を購入するのに必要な資金を全額用意することができる「固定と変動」という商品があります。「フラット35」による融資が中心となり、変動金利ローンによる借入金額の割合は、10%・30%・50%から選ぶことができます。

以上の楽天銀行の住宅ローンは、いずれも来店せずにネットで申し込むことができ、保証料と繰り上げ返済手数料が無料となっています。また融資を、土地の購入費・着工費・中間費の3回に分けて行える「つなぎローン」という制度もあります。

このように楽天銀行は非常に優れた住宅ローンサービスを提供しています。住宅購入は多くの人にとって一生に一度の大きな行事です。少しでも優れた住宅ローンを見つけるための、参考になれば幸いです。

© 2014 豊富なサービス!楽天銀行

http://www.dzyngiri.com