ネット銀行について

楽天銀行は楽天グループが運営する銀行です。様々なインターネットサービスを提供する楽天グループの銀行である楽天銀行は、いわゆるネット銀行と呼ばれる形態の銀行で、ネット銀行ならではの特徴を持っています。そこで楽天銀行についてより良く理解するために、ネット銀行について簡単に説明したいと思います。

銀行は、預金の管理や融資などの様々な業務を行っています。銀行はこれらの業務を行うためにたくさんの支店と営業窓口を持ち、そこに多くのスタッフが勤務しています。当然支店という設備とスタッフを維持するためには、多くの資金が必要となります。

銀行の業務は単純に言えばお金のやりとりに尽きます。インターネット技術の発展により、お金のやり取りをネット上の情報交換で行えるようになると、銀行はネット上に口座を開設して、業務をネット上でも行うようになります。こうしたネット上での銀行業務をネットバンキングと言い、今では多くの銀行が窓口での業務に加えて、ネットバンキングを行っています。このネットバンキングのみを専門に行う銀行をインターネット専業銀行、略してネット銀行と呼びます。

ネット銀行は、普通の支店や窓口というものを持ちません。そのため運営するにあたって非常にコストを安く抑えることができ、優れた金利と安い手数料を実現することができるのです。今の日本で預金金利の高さでランキングを作れば、ネット銀行が上位を独占します。またネット上の窓口で各種手続きができるので、自宅や勤め先から簡単に利用することができます。現金の取り扱いは、提携している他銀行かコンビニのATMで行います。金利と利便性の両面で、ネット銀行は優れているのです。

ただしネット銀行には欠点もあります。ネット上の口座は利用者のIDとパスワードによって管理されているため、IDとパスワードが漏洩した場合、口座から預金が不正に送金されてしまう危険があるのです。コンピューターウイルスや偽ホームページを使い、IDとパスワードを盗むという犯罪が近年増加しており、大きな被害となっています。

こうしたネット銀行のメリットとデメリットが、楽天銀行にも当てはまります。楽天銀行を利用する時には、これらの特徴を念頭に置いて下さい。

© 2014 豊富なサービス!楽天銀行

http://www.dzyngiri.com